yuriマガジン

第一子妊婦中のモト美容系看護師。絶賛奨学金返済中。妊娠を機に神奈川県内にペアローン35年で新築マンション購入しました。共働き夫婦の死闘日記。只今産休中。

新築マンション購入の失敗談

 

ちょうど去年末の頃、賃貸で住むことで家賃がもったいなく感じていた私たちは新築マンションを時間があれば見学に出向いていました。

 

 

目に留まったのは、湘南エリアの新築大規模マンション。

 

海まで徒歩でも行ける距離と充実の共用部に惹かれて二人でここにしようと一度は決断。

 

 

契約と手付金を払い込み後、住宅ローン本審査の結果前までこぎつき、入居まであともう一息のところでした。

 

 

私はもう31だし、妊娠するには期限もある。

ゆくゆくこどもは欲しいと思っていた私たち夫婦。

 

 

ついつい魅力的なところばかり営業さんからアピール、甘い誘惑に細かいことは考えずに、それに乗ってしまった。

 

 

ローンは夫だけでは限度額を越えてしまい、ペアローンとなりました。

 

 

 

 

そこで、現実に気付く。

 

 

 

もし今、私に子供ができたら?

仕事を続けていけるのか、

やむを得ず、入院などで辞めざる終えなくなってしまうかもしれない。

 

 

ペアローンの返済が滞り、家の購入どころではなくなってしまう。

そこに気づいたのが遅かった。

 

そんな状況で夫が返済を全て負担し、生活費も貯金から細々やりくりするにしても限界ある。

 

そんな、当たり前にあり得る万が一に、

どうしても私の不安が拭えず、

夫に不安なことを伝え、

今回は泣く泣く手付金は放棄し、契約を解除していたのです。泣

 

 

その翌年の3月(2019年)、私は妊娠が発覚。

 

 

今年に入ってからも新築マンション含め引っ越し先を探す日々でした。

第一条件は私たちでも無理ない返済額の新築マンションであること、駅チカであり子育て環境が整えられる場所とそれだけを決め、見学に。

 

 

一つだけ該当するマンションに巡り会え、

見学の次の日には即決しました。

 

再び契約と手付金の支払い、

ローン本審査とすすめます。

そんな最中の妊娠発覚。

 

 

 

住宅ローンの審査中の段階であったので、

今仕事を辞めるにも変えるわけにもいかず。

なんとか産休までこぎつけた💦

 

 

何があっても今を頑張れば、先の未来は拓けると信じてます!!

 

それこそこどもを産んだなら、果てない困難もあるだろうと。

 

 

手付金に関しては惜しい気持ちもありましたが、私たちにとって、良い教訓となりました。

 

 

もうね、こういったヘタな間違いをしないと心に決め、これからの人生をもっと良くするために、夫婦でもっと協力しながら、行動していこうと思っています。

 


f:id:yuri0slowlife:20191101224932j:image