yuriマガジン

等身大アラサーの日常防備録。面白いことの好奇心・ミニマリスト・シェアハウス・Mr.Children・ブロガー・ヤドカリ生活・逃避離脱・脱毛マニア・ダイエット・投資・看護師・カフェ巡り・数々のミーハー体験記

【RebornArtFestival2017】 7/30 レビュー

みなさんこんにちは✨😃❗

 

早くも7月終わってしまいましたね。

今私7/30からフェスの遠征のため東北に来ております。

今回宮城県石巻市で開催されたReborn-ArtFestivalの日曜、最終日に参加したので、それをまとめました。

 
f:id:yuri0slowlife:20170804095533j:image

Instagram

 

 

Reborn-ArtFestival2017×apbankfes

7/28~7/30

開催地:国営みちのく杜の湖畔公園

 

【タイムテーブル】

 Reborn-ArtFestival2017×apbankfes


f:id:yuri0slowlife:20170801065322j:image

 

 

 

 Instagram

 まず見てほしい。

この青空と緑を。

この日を待ち焦がれていたのだ。

 

 

5年ぶりに開催のapbankfes

兼ねてからapbankfesなるものに私は初年度と台風で1日のみの開催となった年以外は、ありがたいことに参加してきてまして。

 

真夏の青空の下、緑色の芝生が広がる地で

どこまでも聴こえてくる音楽とともに

美味しさや人の優しさに触れ

環境や日本、そして世界のことを時に思い

これからの時代を生きることに対する絶望も希望も

今の自分の目の前にある色々な問題も

すべてひっくるめて

心の中を空っぽにしてくれる

私にとってそのような場所でした。

 

 

【セットリスト】

Reborn-ArtFestival2017×ap bank fes 2017/07/30 3日目

 

  1. BankBand
  2. BankBand×竹原ピストル
  3. Mrs GREEN APPLE
  4. トロール
  5. Mr.Children
  6. BankBand with NOKKO
  7. BankBand with 七尾旅人
  8. WANIMA
  9. 銀杏BOYZ
  10. BankBand with Salyu
  11. BankBand

 

 

BankBand

  1. What is Art?
  2. 夏の魔物(スピッツカバー)
  3. 奏逢~bank bandのテーマ~


BankBand×竹原ピストル

  1. よー、そこの若いの
  2. RAIN with 櫻井和寿
  3. Amazing Grace

 

Mrs GREEN APPLE

  1. Speaking
  2. アンゼンパイ
  3. WanteD!WanteD!
  4. どこかで日は昇る
  5. Start

 

トロール

  1. 表現
  2. 闖入者
  3. 不明
  4. FUEL

 

Mr.Children

  1. イノセントワールド
  2. youthful days
  3. ニシエヒガシエ
  4. 君がいた夏
  5. Tomrrow never knows
  6. Himawari
  7. エソラ
  8. シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~


BankBand with NOKKO

  1. ラズベリードリーム
  2. 人魚
  3. フレンズ

 

BankBand with 七尾旅人

  1. 抱きしめたい(Mr.Childrenカバー)
  2. 不明


WANIMA

  1. オドルヨル
  2. ともに
  3. TRACE
  4. THANX
  5. やってみよう


銀杏BOYZ


BankBand with Salyu

  1. The rain
  2. 雪の下のふきのとう
  3. Lighthouse


BankBand

  1. Drifter
  2. 若者のすべて
  3. こだま、ことだま
  4. Reborn
  5. What is Art?
  6. to U

 

 

 この日、3日間だらだら続く雨の影響で地面がびしゃびしゃでした。


f:id:yuri0slowlife:20170804090132j:image

▲ほぼ浸水状態

靴も長靴必須と教えてくれていたのですが

残念ながら持っておらず

一日中靴が靴の意味を成していない状況

 

おまけに寒さと足場の悪さが長丁場のフェスには痛い、体力をかなり奪われました😣

 

フェスの良さでもある

晴れた青空の下で 芝生を走り回ったりはしゃげるような

状況ではなかったことが悔やまれます(;-;)

 

まぁ仕方ない。

天気は自然のお恵みですからね(ヽ´ω`)

 

フェスで出展していたお店でお昼ごはん

f:id:yuri0slowlife:20170804090632j:image

▲はちみつレモンサワー

タンドリーチキンとサルシッチャのカレーライス

 

この楽しみもフェスの醍醐味!

とっても美味しかった!

お店の人たちもこの悪天候の中、頑張ってました(* ´ ▽ ` *)

 

そして、メインステージではないところのエリアスペースに

GAKU-MCさん発見!

 

 

Instagram

▲みるみる人だかりが~(〃´ω`〃)

思いがけずだったので嬉しかった。

メインでウカスカとして出演もしてほしかったけど

ガクさんのソロもすごくアットホームな雰囲気のなか、楽しませてくれましたd(`・∀・)b

 

 

こちらがメインステージ前のエリアです
f:id:yuri0slowlife:20170804090910j:image

▲中には高いところでシートで座れたところも。

 


f:id:yuri0slowlife:20170804091058j:image

次は今回のフェス目当てであるMr.Childrenの登場です!

思いの外前方で挑めました‼(〃´ω`〃)

 

 

Mr.Children前のバンド

トロール

Instagram 

 

待ち焦がれていたミスチルの出番までも飽きさせない

そして、自分達の主張を感じさせない聞き心地の良さ!

今回で一番の見知らぬお気に入りアーティストの仲間入りです👍笑

 

帰ってからよくよく、調べたところ

このボーカルの長岡亮介さんは星野源さんのサポートメンバーや元東京事変のニックネーム浮雲として世に出ていたようで、フェスから帰ってからすごい人だったことを知りました‼

 

 

そして、いよいよMr.Children

Instagram

 

 毎回ですがほんとに痺れた最高のステージでした。

特に新曲のHimawariを歌うステージは圧巻で胸が熱くなります(/_;)

そしてライブでも初めて聞けた

君がいた夏

これも切なくて切なくて

デビュー曲というものだから

たくさんの歴史の詰まった感慨深いライブでした。

 

ミスチルも終わり、

 私たちは悪天候の中、体力の限界を感じていました 笑

 

これで帰ろうかと思っていたのですが

私はせっかくなので色々なブースを見てからにしようと思い立ち、雑貨コーナーのならぶエリアに行きました。

 

 

そしたらなんと

 

 

なんと

 

あのBank BandでありMr.Childrenのプロデューサーでもあった小林武史が出没しているではありませんか!

 


f:id:yuri0slowlife:20170804100207j:image

▲すでに集まる集まり人々

あれ、たけし?!😱と目を疑う人や

中には泣いてる人も。。。

 

すぐさま一緒に来ていた姉を呼び出しました

あのコバタケが今目の前にいるよ!って

(〃´ω`〃)笑

 

 

今回のReborn-ArtFestivalであるアート地を巡る為の参考パンフレットを配っていました。

 

パンフレットを手に取る人々と握手を交わしており、私たちもすかさず列に並びました‼

 

 

握手まで、いよいよ次は私の出番(* ´ ▽ ` *)ノ♪

てところで

 

こばたけさんがなんとその場から移動してしまったのですね😱

 

 

そしたら

 

なんと

 

なんと

 

あの小林武史氏が

私の目の前までわざわざ来てくれたのです!

 

そして

 

 

もう行かなくちゃいけないから

せめて

握手だけでも

 

って。

 

 わざわざ私の前まで来てくれて

 

両手で握手をしてくれました

 

 

手がとっても、あたたかかった。笑

じわる。

 

ふぎゃー(;∀; )

 

 なんて、なんて、

紳士な対応( ;∀;)

 

 

ここに来てくれるだけでありがたいって

言ってくれました‼(;-;)

 

群馬からそこまで遠くはないものの

 

遙々来て良かった~~

 

そう思う一瞬。

 

このFesの実行委員長でもある小林武史

この開催までの道のりとか、小林氏の東北への復興支援の思いとか、考えたら、、、泣

*1

Instagram

 

こちらこそありがとうしかもう

何も言えない。

 

 

 

そしてその最中も

エリア内通路にはあのペトロールズや亀田誠司さんなど各著名人がたくさんあらわるあらわる。

 

これぞ‼

野外フェスの醍醐味‼

 

 

 

 

そして

私たちは

残されたわずかな体力で、シャトルバスに乗り、県内にある今晩泊まる宿泊先へ車に乗り換え行くのでした。。

 

とーってもとーっても名残惜しかったですが。

すでにフェスの満足感

やり遂げた感があったので

最後のSalyuBank Bandには未練があったのですが

地を去りました。

 

 

セットリスト確認すると

なんと

あの名曲、キリンジのDrifterと若者のすべてを歌ってるではないか‼

最終日なだけあるわ。

 

 

帰ってしまったのをひどく後悔するのでした。笑

 

私たちには明日新潟移動する旅の行程があったので

余力を、残すことを優先にしました。

 

フェスのレポートは一旦ここまでにして

後日続きをまた書いていきたいと思います。

 

 

 

 

皆様長い駄文、ご覧いただきありがとうございました!

 

それでは、またねー( ノ^ω^)ノ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:T_T