yuriマガジン

等身大アラサーの日常防備録。面白いことの好奇心・ミニマリスト・シェアハウス・Mr.Children・ブロガー・ヤドカリ生活・逃避離脱・脱毛マニア・ダイエット・投資・看護師・カフェ巡り・数々のミーハー体験記

【マック】アイスドリンクのすすめ

みなさんこんにちは。

ゆりくまは午後から行動起こして、ただいまマックにて次の用事まで時間を潰しております。

 

今日も暑いですね😧

みなさんも熱中症にはくれぐれも気を付けてください‼

 

 

 

さてさて、本題。

 

マックはいまやどこにでもありますよね。

しかも駅ナカには必ずといっていいほど!

つい寄ってしまうと思います。

 

でも、マック、

個人的に良いイメージがないのですね。

健康被害が囁かれる今日まで、マックは体に良いから積極的に取り入れましょうっていう文句は一度もない通り

 

マックのバーガー、そしてポテトも

トランス脂肪酸たっぷりの加工食品ですよね。

 

 

たまーに食べる分にはそこまで気にしなくてよいと思いますが

その頻度が多いほど体に蓄積されますから

将来の病気予備軍の引きがねとなりかねません。

 

 

トランス脂肪酸とは

一般的に日本では使用規制がないのですが、日本以外ではプラスチックと同じ扱い、つまり食べてはいけないものとして規制のある国もあります。

 

未だ日本ではそれを口にすることを許しているのはなぜなのでしょう(ヽ´ω`)

 

しかも身近な食品に普通に使われてるんですよね。

パンに塗るマーガリン、よくお菓子やパンの原材料に書いてある食用油脂や植物性油脂に多く含まれます。

クッキー、揚げ油や中華料理にも使われるショートニング

そして、コーヒーやケーキに使う植物性のクリームにも。

つまり、ミルクやバターに見せかけた加工食品です。

本物のミルクやバターより安価なので

原価が下がります。

そして利益が上がります。

これが世の中の仕組みです。笑

 

 

トランス脂肪酸ってどういう悪影響があるのかというと

簡単にいえば

人の血管の中に溜まり、血栓を作りやすくしたり血管を詰まらせたりします。

そして、心筋梗塞脳梗塞を引き起こしたり、

悪玉コレステロール値も上昇させる性質があるので、腸内細菌を減らして便秘をもたらし、大腸がんの引き金となりかねません。

 

 

まさにタバコと同じくらい

百害あって一利なしなんですね。

 

私はマックを利用させてもらう場合

食事というより

ストレスからか、体が悪いもの取り入れたいときのみです。

バーガーかポテトを頼みます。笑

それは本当に年に数回です。

それ以外では食べたいと思わなくなりました。

それこそ若いときです、学生の頃は安さもあったし手軽だったので

毎週といって良いほど食べてました。笑

 

体に悪いという概念がなかったんです。

 

それでも大人になるにつれ、よくも悪くもいろいろ知っていく中で

体に取り入れたいものと、そうでないものの分別をつけられるようになりましたよ。

 

 

よく考えてみてください

ショートニングの揚げ油で揚げたショートニングまみれの細切りポテト。

どこのお肉を使っているのかわからない、もはやお肉の味がしない固形物ミンチのパティ。

化学調味料の味しかしない薬臭いソース。

短時間で膨らませるため添加物のイーストをたっぷり使ったバンズ。

小麦粉もポテトもどこの産地か不明。

これを口にするのってすごく恐ろしくないですか?

 

人の1日脂質量の目安は約44g

そして、HPにもありますが

マックの食べ物の中で

栄養成分表がありますが

どれもハイカロリーはもちろんのこと

脂質の量です。

普通の一汁三菜さえ摂っていればここまでの脂質はとらずに済むはずなのに

ポテトのMサイズだけで1日の上限値を越えるというクオリティー。笑

 

脂質は1gで9キロカロリーあるので

運動量や年齢にもよりますが

成人で1日の摂取エネルギー量が1日2000キロカロリーだとするとそのうちの20~25%が脂質摂取量の目安となるので

そのうちの400キロカロリーは脂質で摂ってOKとなります。

つまり

脂質摂取量目安は44gとなります。。。

 

 

とはいえ

難しい話をしても私も利用させてもらう時はあるので笑

 

まぁほどほどにしましょうということを

一番伝えたいです。

 

 

マックに来るたび、人だかりがすごいから。

マック=体に悪いの方程式が今でこそやっと浸透してきてるにも関わらず

相変わらすの学生や社会人。

そこまでの魅力がマックにはあるのか。。。

 

 

トランスファトフリー

私が知ってるなかだと

全国チェーンで銀だこ、ミスド、コンビニLAWSONのホットスナックはトランスファトフリーを公言してますよね。

ケンタは確か、どれくらい含まれてるか記載するようになった気が、、

海外のお菓子なんかは必ず栄養成分表に表記されてます。

 

 

でもね、マックは便利よ。

全く利用しないはもはや便利さに負けて無理なのです。笑


f:id:yuri0slowlife:20170724141049j:image

今日はアイスティーSにガムシロップとレモン汁。

これで簡単レモンティーの出来上がり。

夏には摂取したい、疲労回復効果のクエン酸

 

 

うまく付き合っていけたら幸せですね♪

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

またねー👋😃