yuriマガジン

等身大アラサーの日常防備録。面白いことの好奇心・ミニマリスト・シェアハウス・Mr.Children・ブロガー・ヤドカリ生活・逃避離脱・脱毛マニア・ダイエット・投資・看護師・カフェ巡り・数々のミーハー体験記

ニキビってなかなか治らない!私流スキンケアのすすめ

みなさんこんにちは!
ゆりです。

しばらくブログから遠ざかってました。汗


2017.5月現在
~今私が抱えているもの~
・将来の夢についての模索とか
・旦那との子を授かれるのかミッション
・カフェと新たに始めた医療のかけもちパートの仕事たち
・他にも受けたい面接たち
・ダイエット
・家の整備係
バイナリーオプションのトレード



こんなところで、ちょっとブログを書くということができなかったのですが
週末はノー予定Day‼
なので、更新していきたいと思います(ヽ´ω`)






f:id:yuri0slowlife:20170527112521j:plain






突然なんだけど




私は中学くらいからニキビに悩まされてしてました。
もう常に、ニキビニキビで顔がきったなくて。笑


そんな感じで今もすぐにニキビができる油性肌と乾燥の混合肌の持ち主なんですよね。


最近自己流の肌スキンを発見して
今のところ状態良く維持できてるので
そんなところを紹介していこうかなと思います。



肌から油分が出る仕組み

顔の肌は常に空気にさらされているので
なにもしていなければもちろん水分をもっていかれてしまうので、砂漠状態を防ぐための反応として肌から油脂が分泌されます。



ニキビができる原因
そして毛穴に溜まった過剰分泌物が空気に触れて酸化して溜まったのが毛穴の黒ずみ。
そして開いた毛穴からバイ菌やらが侵入して炎症を起こしてできるのがニキビです。



肌のターンオーバーを正常に保つ
基本これが一番大切です。
これが正常に機能していれば肌年齢を若く保つことができます。
しかし、加齢に伴いターンオーバーはながーくなります。
ターンオーバーとは肌の生まれ変わるサイクルです。

私は角質が肥厚しやすく、それも肌に溜まりやすい。
適度な間隔を空けてピーリングが必要になってきます。
つまりターンオーバーの正常な人はピーリングしなくても勝手に肌細胞が生まれ変わってくれます。

私はそのサイクルを正常に保つためのお手伝いをしなければ、もう難しい年齢です。(^o^)/泣

逆に、こういったお手入れをしすぎな人はターンオーバーが早くなりすぎて皮膚が卵の薄皮みたくなってしまいます。
逆効果でしみやシワたるみの原因になるので気を付けましょう。



ニキビを防ぐには?
これに関しては人それぞれの生活習慣の見直しが必要になってきますね。
だいたいこれをやめたら出来にくくなるって感じのを紹介します。


・ご飯で油分を過剰に摂らない
脂質の多い食べ物、例えば揚げ物やポテチやチョコなど。なんでもそうだけど摂りすぎは宜しくないです。
それに私の場合、油の質も悪いとさらに出来やすくなります。
外食で揚げ物や肉、スナック菓子など。どれも酸化してる油のため、悪玉コレステロールも増える原因に。毎日摂れば健康を及ぼす可能性もありますね。

良質な油といえば、オリーブなどの植物性や魚の油です。

私は悪い油を摂るとその日のうちに小さくニキビができて、2日後くらいに赤く腫れ上がったニキビがプツプツでてきてしまう感じです。



・洗顔後に使うタオルや顔につける寝具は毎日取り替える
タオルは雑菌の住処、ニキビは菌が原因で肌にいる限りはうつるのです。
なので1日使用したタオルは洗濯しましょう。
寝具は毎日洗うのは大変なのでタオルを敷いておけばそのタオルだけ交換すればOKです。



・洗顔後に保湿をしっかりする
洗顔で余分な油脂や汚れを落としても、そのままではまた肌が外気にさらされて乾燥して肌から油分が出てしまうので、ふたをしてあげるように化粧水+乳液は基本です。



・ニキビができたら
なるべく早く直したいですよね。
白ニキビなら潰して中の分泌物を出してあげればすぐに治ります。
もちろんその後も跡にしないためには日焼けしない、擦らないなど日々の対策が必要です。
赤く炎症してしまったニキビは潰ない触らない、そっとしておきましょう。



・洗顔で泡の洗い残りを防ぎ、シャンプーをすすぎ残りを防ぐ
私は泡を完全に濯ぎきるため擦らないで何度も水をひっかけるイメージで、洗ってます。笑

シャンプーなどもすすぎは生え際しっかり。
また、すすぎ湯が顔にかかって顔の油分を過剰にとられないように気を付けてます。



・皮膚科でもらえる薬について
ニキビにはだいたい、アクアチムとディフェリンゲルが処方されます。
それもニキビの炎症を抑える作用のみなので、ニキビが出来やすい習慣そのものが直らない限りはずっと改善できないと思ってた方が良いです。

薬やスキンケア用品による外的作用に期待するのではなく
まずはニキビなどトラブルが起きやすい肌からの声を聞くこと。
なぜニキビが出来たのか、そのもととなる原因行動はなんだったのか、自分なりの分析をして、体の反応に対する予防策を考えてあげると
体は正直なので、素直に言うこと聞いてくれます。笑



習慣以外にもある何らか原因
ホルモンバランスの乱れによる肌荒れニキビもあります。
天敵、生理前は肌ストレスを受けやすい敏感肌になりやすい、男性ホルモン過剰分泌による脂性肌化など。
そんなときは無理せずをもっとーに、時が経つのを待ちましょう。



まとめ
そういったところです。笑


でも真面目な話、
健康は肌に現れるといっても過言ではなく、肌は健康バロメーターとしても大切な器官になります。
表でない内臓のあらゆる器官の不調がわかったりします。

当たり前かもしれないですが、健康な人は肌もきれい。
内面からでるものですから。


なんか、最後はニキビじゃなく、肌健康そのものの話に傾いてしまいましたが

食=健康=美肌=規則正しい生活=自律神経の正常化=食...
って感じで全て繋がってくるのです!



皆さんもぜび、健康美肌目指していきましょう♪

それでは今日はこのへんで。
ありがとうございました☀