yuriマガジン

等身大アラサーの日常防備録。面白いことの好奇心・ミニマリスト・シェアハウス・Mr.Children・ブロガー・ヤドカリ生活・逃避離脱・脱毛マニア・ダイエット・投資・看護師・カフェ巡り・数々のミーハー体験記

健診出張中真っ只中

みなさんこんにちは。

今私は栃木に来ています。

すっかり雨風にやられて寒いですが
頑張って参ります。

今日で健診は2日目。
明日が終われば一旦帰ります。
といっても神奈川より地元の方が近いので群馬に戻って一泊するついでに両親にご飯サービスデーします。

日曜朝から池袋まで出勤、パートしたあとまたその足でまた同じ栃木の健診先に向かい前泊します。

結構ハードなスケジュールが続きます。



健診先の宿泊ホテルにて


f:id:yuri0slowlife:20160407120924j:plain

f:id:yuri0slowlife:20160407184656j:plain


こういった健診先の楽しみと言えば
ご当地ものが楽しめることなのですが
ホテルの周りにはマックとケンタ、すぎのやとコンビニしかありません。
ご当地ものがない!!!





でもこういうのもたまにはいいと思いますので
楽しもうということで


すぎのやさんで食べたご飯f:id:yuri0slowlife:20160407121302j:plain


桜並木
f:id:yuri0slowlife:20160407121347j:plain

見渡しの良い道路
f:id:yuri0slowlife:20160407121437j:plain



地元に愛されている古きよき定食屋さんにて
和風ハンバーグ
f:id:yuri0slowlife:20160407184811j:plain




そして前から気になっていた
セブンのスイーツを揃えて一人でパーリー♪

ガトーショコラ
f:id:yuri0slowlife:20160407121526j:plain
とてもちょこちょこしく、少し砂糖のジャリジャリ感があったけど美味しかったー。
半分くらいで満足して、もういいかなってなったけどもったいないので全部いただいちゃいました。


パイシュー
f:id:yuri0slowlife:20160407121744j:plain
これはパイの塩気とクリームもやや塩気があって
とっても贅沢ジャンキー食です。
普通のシューより皮もクリームも濃厚で食べごたえ抜群でした。
クリームの量も多くて頬張るのか楽しくて満足感すごいあります。
ガッツリ甘いのほしいって日にもってこいです。
f:id:yuri0slowlife:20160407122231j:plain


派遣の健診、クリニックの掛け持ちで日々いろいろ勉強になることが多く、自分を見つめ直す時間にもなり、またとても自由にシフト入らせてもらえており、正直今は楽しいです。



一ヶ所で勤めるということって人生もったいなくない?って思っちゃいます。
しかも正社員より時間給が良く、責任感も感じなくてすみます。



しかし、これでいいのかなって思うことも半面あり
6月から正社員の予定ですが

それも今の作り上げたきたワークライフを失うことになると思うとやはり惜しい気持ちもあります。



正直、正社員よりもパートや派遣の掛け持ちの方が自由で、私は気持ち的にも楽です。
自由ですが働いた分だけそのまま収入に繋がるので
モチベーションが上がらない時ややる気に繋がらないとき、また体調良くないときも
休みが多くなることでもちろんですが収入は目減りします。
全て自分次第で自己責任となります。


シフトも自由に決められるので自分の予定に合わせて裁量しますが、ダブルブッキングしてしまったり勤務先によっては波もあるのであまりシフトに入れない状況もあり、安定性はありません。


私はどちらが自分に合っているのか
考えましたが
多分今の自由な方だと思います。



でもね、今になって思ったのは
人生1度しかないから
自分を良い方へ持っていきたいって思うわけです。


もう27歳、目指したいこともなかなか諦めがついてきて若い頃の多感な願望が薄れてきていることがわかります。
歳を重ねてくると我欲だけでなく、周りを愛し、必要とし、必要とされたいと思うようになりました。


私は自由なことは素晴らしいと思います。

でも自由ってあらゆることが自由になりすぎてもよろしくない時があることを学びました。
また自由って人によって基準が変わります。
例えば正社員でも自由って思う人もいますし、フリーランスだからといって自由を感じない人もいます。。




なので

要は自分のおかれた状況をどう捉えて
どれを選択して生きていきたいか

これに、つきると思います。



私は23歳から自由を選択し、
あらゆる方法から自由への近道を探してさ迷いました。



私を引き止める人のなかには

もったいない
そんなこと、する必要ないじゃない
なにがしたいの
我慢が必要だよ

といったアドバイスばかりで
まともに応援してくれる人はいなかったです。

確かにそうでしょう。
大切な人ならなおさら、苦労させたくないからと籠の中に閉じ込めようとします。



あ、でも、唯一否定も肯定もせず、良い意味で私を突き放してくれたのが姉だったように思います。



この経験があったからこそ
私は本当の意味での自由というものをてに入れられたように思います。

私は考えて、改めてこれからを見つめ直した結果
私だけの人生ではなくなるという覚悟をもちました。
そして本当の意味で
自由を手に入れたのでこれから
その空を羽ばたいていきたいと思います。