yuriマガジン

等身大アラサーの日常防備録。面白いことの好奇心・ミニマリスト・シェアハウス・Mr.Children・ブロガー・ヤドカリ生活・逃避離脱・脱毛マニア・ダイエット・投資・看護師・カフェ巡り・数々のミーハー体験記

もし明日が来なかったら...

f:id:yuri0slowlife:20151215091943j:plain

もしも明日がこないとわかっていたら




もし突然不治の病気になってしまったら




もし命が残りあと1年しかないとしたら




もしそんなふうになったとしたら
自分はどんな人生を生きていきたいですか?






突然ふとそんなことを考えました。






もし明日になったら死んじゃうとしたら。




私はお母さんとお父さんに会いに行く。
産んでくれてありがとう。って
伝えに行く。



そのあと
仕事には行かず、相方の職場にお邪魔して、相方の勇姿を見にいって少しからかって帰る。
それから買い物しつつ家について
ミスチルのDVD流しながらご馳走を準備して待つ。
そして、愛してくれてありがとう。って
伝える。




そのあとまだ時間があれば
今の生活を精算するために
私物の全てをできる範囲で処理しておく。


死後に迷惑をかけることのないよう
各種手続きやお金の管理も保険も
全てを網羅し、手紙にて記しておく。


わが人生に悔いなし
と笑顔で眠りにつくだろう。



はぁ、私らしいな。
なんか最期もきっとさりげなく去りたいし、え?いつ死んだのって言われるくらい最期までただ天真爛漫でありたい。
それが私だから。


最期の身の回りの整理は感謝の意を込めてのもの。
全てのもの、あってくれたもの全ての思いでとともに。
天国に連れていくための準備をする。


眠りにつくときは
笑顔でいる家族写真を枕元に置いて。




そんなこと考えていたら


職場に着きました。




空の上からみてみれば
地上でおこる全ての出来事なんて
ちっぽけなんだよ



では行ってきます。

皆さまもよい1日を!!
Have a nice day!!